忍者ブログ
CATEGORY : []
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2017/08/18 15 : 53
CATEGORY : [分類してないよ]
最近泣いちゃうことが多いmamikoです、今晩は!
何で今日は泣いたのか?・・・・・・実はですね。恋空を見て来ました!だから今日は大分テンションが高いです^^

少々、恋空の感想でも綴ろうかと思います(・∀・)

なんでしょう、とりあえず泣ける映画でした。
私は何故か、他の人が泣いている姿とか声とか、、、で泣いてしまうのです。
だから泣きました、すごく。
映画自体の感想としては、恋がしたい!(感想じゃないとか言わないでください・笑
新垣結衣ちゃんがとにかく可愛い。素敵でした。
絆を感じさせてくれる話でした、恋とか。愛とか。家族とか。
私はあんな恋をしたことがないし、これからもあんな一世一代の恋が出来るとも思えないけど。だからこそ、すごく素敵に見えました。
美嘉さんの気持ちがすごくよく伝わってきました。
新垣結衣ちゃんは上手いと思います!
ヒロも素敵でした。あんなドラマみたいな台詞言ってくれる人って、本当に居るんですね。
私はセカチューでは泣かなかったんですけどね、恋空はホント泣けますよ。
エンドロールでMr.Childrenの『旅立ちの歌』が流れた時がピークでした。
ミスチル好きの友達と見に行ったので、友達が凄い喜んでましたv
Mr.Childrenが友達の影響もあって、前より好きになりました。

うん、恋がしたくなる映画です。切なくて、悲しいけど、暖かいです。

最近は邦画の質もあがってきていますね。全体的に綺麗でした。

原作と、和樹が言っていた『君空』が読みたいのですが、非常にお金がピンチな状態。。。
どうしよう・・・迷い中です。
原作を読んでほしい、って和樹が言ってたしね。
和樹、見に行くきっかけを与えてくれてありがとう!
・・・しかし私ってなんて単純なんでしょうね!笑 
あ、和樹が参加する恋空のアルバムちっくなの?の詳細が出たらしいです。
また後日そのことについては書きます・・・

余談ですが、ノゾム役の中村蒼クンにはびっくりしました。
BOYSエステでの真面目ーなイメージしかなかったので。 



そういえば、和樹見たさに昨日、springという雑誌を買いました・笑
人気メンズとドライブデート♪というコーナーで(・∀・)
格好良かったです。モデルさん良いなー
城田クンも出てたんですが、あれは城田クンファンが怒るんじゃないでしょうか?苦笑
モデルさんと恋人つなぎしてたんですよ!
あとゲキレンの人も出てました。最近はミュ&特撮がまじで人気ですねw(°0°)w

あと、くだらない話なのですが、今日、ゴシック&ロリータの雑誌をパラパラ見ていたら、和樹が雑誌の撮影で使った、ヴァンパイアカフェが載っていました!そして、噂の?棺桶があって、「あぁ、これか」と。笑
ゴスロリは可愛いですよね、絵に描きたいです。
見てる分には良いですが、自分は着れませんから。
あ、別にそういう趣味な訳じゃないです。でも見ると、描きたくなる!
しかし未だに、ゴシックとゴスロリとロリータの違いがよく分からない;;
ロードちゃんは可愛いですよね! あれはゴスロリ? 

和樹そういやまた映画出るらしいですね!!凄いなぁ^^
今回は辺見えみりさん・・・凄いねー 見に行くしかないっ☆
←「Happyダーツ」エキストラ募集ページ
エキストラは18歳以上なので、私は応募できません。残念(><)
応募できる方は是非、応募してみてはどうでしょうか?
和樹ダーツ好きらしいですねー


んー
今日の気分は恋空です。
原作ってパソコンでも読める・・・んでしょうか?
今日は暖かい気持ちで寝れそうです。

では!


PR

2007/11/24 21 : 58
こめんと [ 1 ]とらっくばっく [ 0 ]
<<加藤和樹って誰? | HOME |神はきっと私を見ている>>
COMMENT
mamikoちゃんこんばんわーww

そっかー;本当にチケット取るのって難しいよねぇ…。私は今回色々と重なってるからライヴ行かないことにしたんだけど、武道館は絶対行きたい!!!お互い行けると良いねww次はmamikoちゃんがチケット当選する番だと思う!

恋空私も気になってきちゃったなw笑
そうやって考えさせられる映画って良いよね。邦画が最近来てるねーv

エキストラは私があと1歳年取ってたらなぁー!悔しい~。。
てか活躍してるねー和樹!すごいなぁww
他のミュの人達も最近良く見るから嬉しいww

ではではまた来ま~すv

 
【2007/11/2422:12】|URL|うらら#2a1340ec85[ EDIT ]
COMMENT WRITE















TRACKBACK
トラックバックURL

<<加藤和樹って誰? | HOME |神はきっと私を見ている>>

忍者ブログ [PR]